TBS ゆうがたGET

| トラックバック(0)

昨日(8月23日)当店にて、ゆうがたGETの取材が行われました。

 

地元飯島町からすぐ近くの松川町では、これからが旬の梨が有名です。

 

もともと日本で梨が食べられ始めたのは弥生時代頃とされ、その証拠に静岡の登呂遺跡などから多

 

数食用にされたとされる種子などが見つかっているほど古くから親しまれています。現在さまざまな

 

品種が生産されています。

 

幸水梨が生まれたのは昭和16年に、静岡県の試験場で菊水と早生幸蔵を掛け合わせてできまし

た。

 

その酸味と甘みの絶妙なバランスが人気を呼び、全国に多くのファンを持つようになったようです。

 

また盗難に遭わぬよう家の建材に梨を用いて「何も無し」などとちょっと洒落た利用もされています。

 

自然に囲まれた環境で育った長野の幸水梨は、夏の太陽をいっぱいに吸収して甘味を蓄え

ます。

 

南信州の幸水梨は8月中旬から9月上旬までが旬です。幸水を含む赤梨と言われる梨の

 

系統は糖度が高く、ほど良く酸味が乗り、 シャリシャリと食感もよくみずみずしいのが特徴で

す。

 

その梨を使ったケーキができないか・・・ということで、パティシエが一生懸命考えました。

 

そして、桃の丸ごとタルトに続く丸ごとシリーズで、梨をゴッソリ使ってみました!!

 

中は旬の巨峰と、角切りの梨を入れた白ワインのゼリーになっています。

 

風味がほんの少しする程度なので、お子様でも召上っていただけます。

 

お手頃価格の¥357です。

 

27日(金)16:30からのゆうがたGETでご紹介しますので、是非ご覧くださいませ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shinsyusatonokakoubou.co.jp/mt/mt-tb.cgi/44

コメント(1)

Thanks for the post. Keep writing.

このブログ記事について

このページは、信州里の菓工房が2010年8月24日 14:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏の花 ~ひまわり~」です。

次のブログ記事は「栗きんとん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。