2011年4月アーカイブ

このところのブルッと震えるような気温の低さに中央・南アルプスはもちろん、
すぐそこの近くの山まで雪が降り、山の"白さ"が増しています。

明日から大型連休がスタートですね。
ことしは連休最後の日曜日が「母の日」ということご存じでしたか?

里の菓工房ではお母さんへ感謝の気持ちを贈るのにぴったりなお菓子を
4月29日(金)から5月8日(日)までの期間限定でご用意しました。

母の日アイテム.JPG
カーネーションをモチーフにした写真右の「メルシー」(1個368円)はイチゴの甘い香りがふんわり広がるプチケーキ。バラの花の焼き菓子「プチローズ」(5個入840円)は生地にそれぞれ練り込んだ紅茶葉とバラの花の香りの2種類が楽しめます。

さらに、母の日にあわせ5月7日(土)・8日(日)の2日間、
小学生以下のお子さんを対象にした絵手紙&ラッピング体験」を開催します。

当日は絵手紙講師の方に指導していただきながらお母さんに絵手紙を描き、
その絵手紙と里の菓工房のお菓子をラッピングしてプレゼントをつくります。
参加費は一人1,500円。各日定員20名。予約制です。

参加をご希望の方は 信州里の菓工房(フリーダイヤル0120・06・8730)へ
お電話ください。ご来店いただき販売員へ声を掛けてくださっても構いません。
大勢のご参加をお待ちしています♪





     











羽織る上着がいらないほど暖かな日が続き、里の菓工房周辺の桜もようやく咲き始めました。

飯島町にある桜の名所「与田切公園」のソメイヨシノは五分咲きほど。
昨日はお花見に訪れる家族連れも多く、園内でバーベキューをしながら桜を楽しむ方たちの姿も見られました。

与田切公園桜トンネル.JPG
昨日は公園へお花見に訪れる皆さんに地元の味を知っていただこう、と町内の農産加工グループや商店がいくつもテントを張って出店していました。
五平もち、おやき、パン、クッキー、うどん、そば、たい焼き、クレープなどなど...。

里の菓工房も出店し、桜もちや花見だんご、春の花きんとんのほか、人気の「かりんとうまんじゅう」をその場で揚げてアツアツ&カリカリの状態で召し上がっててただけるよう販売しています。

与田切公園出店.JPG
本日、4月17日(日)も午前10時〜午後3時まで出店しております。
日中の気温も20度近くまで上がるようですから、さらに桜の開花もすすみそうですね。

与田切公園へお見えの際は、ぜひお立ち寄りください。











桜の便りが届く季節となりました。
ここ南信州は長野県の中でも比較的温暖な地域で、春の訪れは南信州からともいわれます。
県境の天龍村ではソメイヨシノ、飯田市の桜並木ではエドヒガンが開花したそうです。
里の菓工房がある飯島町にも桜の名所が複数あり、早い場所ではあと10日ほどで咲きそうな気配です。

そんな桜の便りにあわせ、里の菓工房からもお客さまに春の便りをお届けします。
4月8日(金)〜10日(日)の三日間「里の花(さとのか)フェア」を開催します。

花をテーマにしたプチケーキやデコレーションケーキ、上生菓子など、花にちなんだ商品を多数ご用意してお待ちしております。

namagashi.JPG

皆さんに作る楽しみも味わっていただこうと「体験コーナー」も設置します。
花や葉の形に抜いたクッキーやトリュフチョコに、粉砂糖を色づけしたアイシングで自由に絵を描いて自分だけのオリジナルブーケを作りませんか。
料金は1個500円。事前のご予約は必要ありませんが、各日限定数(8日20個、9日・10日各40個)ですので、なくなり次第終了とさせていただきます。

花ブーケ.JPG
なお、オリジナルブーケの売り上げは全額、日本赤十字社を通じて東日本大震災の義援金として寄付させていただきます。

甘茶、桜茶も振る舞いますのでぜひご家族、お友だちを誘ってご来店ください。
お待ちしております。





このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。