2012年3月アーカイブ

間もなく新年度がスタートします。

入園や入学などのお祝いやお礼に、縁起の良い「鯛」のお菓子はいかがでしょう。

祝用上生鯛.jpg紅白の練り切りで小豆あんを包み、木型を使って「鯛」の形に仕上げた祝用の生菓子です。

開店当初から扱っていたのですが、今月初め発行した季刊誌「さとのかつうしん」に掲載したところ、

愛きょうのある姿がなんともかわいらしく、お祝いごとにぴったり、とご好評いただいています。

写真の「鯛」は直径約10センチ ・1個840円。 「鶴」と「亀」もご用意しています。

 

 

祝用上生詰合せ.jpgまた、小さいサイズ(直径約5センチ)の

祝用生菓子詰め合わせもご用意しております。

写真上から 鶴、紅えくぼ、鯛、白えくぼ、亀。

1箱10個入 2,100円です。 

もちろん、1個(189円)からお求めいただけます。

 

4月の入学式シーズンは多数ご用意しておりますが、

お渡しするまでにお時間をいただいたり

万が一品切れになる場合もございますので

ご予約いただくことをおすすめします。

 

ご予約は店頭、お電話で承りますので

気軽にお問い合わせください。

 

祝用生菓子のほかにも

赤飯饅頭、ひと粒栗の上用饅頭といった贈答用の和菓子を

ご用意しております。

 

ご希望に合わせた詰め合わせもご用意致しますので、販売員にご相談ください。

 

 

 

 

 

上伊那地域の情報満載「月刊かみいな」4月号が発行されました。

飯島町のお隣、中川村のアフリカンドラム奏者・竹内さんが素晴らしい笑顔で表紙を飾っています。

月刊かみいな1.JPG特集は今の季節に欠かせない桜の名所紹介やランチ、メイクレッスン、スイーツなど盛りだくさん。

なかでも「春限定・新作スイーツ」のページは、春を感じるおいしそうなスイーツがいっぱいです。

その中に......信州里の菓工房の「桜のモンブラン」も登場しています。

月刊かみいな2.JPGこれまた飯島町のお隣、松川町に咲く八重桜を摘み、同町農産物加工グループ 味の里まつかわ

の皆さんが作る「桜の塩漬け」を使ったやさしい味わいのケーキです。

 

「桜のモンブラン」(1個399円)は、明日3月30日(金)より販売致します。

 

 

 

 

今朝も氷点下の飯島町七久保。

出勤時、お店の裏手にある畑の斜面に霜柱を発見。

霜柱.JPG冬の時季はしょっちゅう見られるのですが、3月も終わりにはめずらしいかも?

太陽が出てきたので、間もなくとけてなくなってしまうかな。

 

4月1日は皆さんご存知、エイプリルフールですね。

フランスでは、この日のことを「ポワソン・ダブリル」と言い、4月1日が近くなると魚をかたどった

ケーキやパン、さまざまな食べ物が各店に並ぶそうです。

仏語でポワソンは「魚」、ダブリルは「4月」ですから、直訳すると「4月の魚」です。

 

ということで、本日3月28日(水)より4月1日(日)までの期間限定で

「ポワソン・ダブリル」(378円)を販売しております。

魚の形をしたパイ生地にカスタードクリーム、フレッシュイチゴをのせたケーキです。

ポワソンダブリル1.JPG

 

ショーケースに並んでいるところを見ると、日本風に言うなら「こいのぼり」という感じでしょうか。

ポワソンダブリル2.JPGではなぜ、ポワソン・ダブリル(4月の魚)と呼ばれるようになったのか、ですが諸説あるようで...

①魚とはサバのことを指し、あまり利口でないサバは4月になると簡単に釣ることができから

②仏語で人を罵倒する時に「腐った魚のように罵る」という表現があり、魚を格下げした表現として

  用いることに由来  など。

 

正確なところは不明ですが、フランスではこの時季に魚をかたどったお菓子を食べる習慣がある、

ということを皆さん知っていただけたらと思います。

 

明日3月24日(土)から4月3日(火)まで

高島屋横浜店地下1階の食料品ウイークリーイベントコーナーに出店します。

 

信州伊那栗を使用した「春の花きんと」をはじめ、厳選素材で作った「コンフィチュール」、

イチゴの半熟チーズケーキ、南信州の春の情景を映した菓子の詰め合わせ「南信州の白い春」など

ふだんのお茶うけに、贈答用にもご利用いただけるラインナップです。

 

イチゴ半熟チーズ.jpg                                         「イチゴの半熟チーズケーキ」

 白い春.jpg

                                               「南信州の白い春」

 

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

朝からみぞれ混じりの冷たい雨が降っております。

うららかな春の陽気を感じるには、もうちょっと待たないといけませんね。

 

現在、大丸百貨店東京店の1階洋菓子コーナー「イベントスペース」に出店しています。

春の花きんとんをはじめ、栗のとら煮、春の新商品「伊那栗乳菓」「伊那谷饅頭」といった焼き饅頭など、

信州の伊那谷と「信州伊那栗」を感じていただけるラインナップです。

 

花きんとん.jpg                                               「春の花きんとん」 

 

 3月27日(火)まで出店していますので、お時間がありましたらぜひお立ち寄りください。

 

春のお彼岸ですね。

お墓参りはされましたか?

 

お彼岸に欠かせない食べ物といえば......そう、「おはぎ」です。

やわらかくておいしいおはぎは、一つ、もう一つと手がのびてしまいます。

 

おはぎ.JPG

 

信州里の菓工房の春のおはぎは3種類。

写真左から、うぐいすきな粉、粒あん、白ゴマきな粉。3個入 378円、 6個入 756円 です。

彼岸明けまで販売しておりますので、ぜひお召し上がりください。

 

もちろん、この地域になくてはならない 「天ぷら饅頭」 も販売しております♪

 

信州里の菓工房では、地元生産者の皆さんが丹精込めて育てた「信州伊那栗」を使い、

栗きんとんと季節の情景をあわせた創作菓子「四季の栗きんとん」を提案しています。

 

3月より店がある飯島町の町花シャクナゲをモチーフにした「春の花きんとん」を販売しておりますが、

今日はその製造工程をご覧いただきましょう。

 

①上伊那産の長芋を使った練り切りの生地で、信州伊那栗の栗きんとんを包みます。

  薄紅色をそっと添えることでモチーフにしたシャクナゲの色合いを表しています。

花きんとん1.JPG②シャクナゲの花模様を彫った木型に一つ一つ押し当てます。

花きんとん2.JPG③押し当てる力が強くても弱くても仕上がりがきれいになりません。微妙な力加減が必要です。

花きんとん3.JPG④左下に薄紅色がくるように型押ししたら出来上がり。

花きんとん4.JPG⑤きれいに型押しされた「春の花きんとん」を容器に並べて完成です。

花きんとん5.JPG

中央アルプスの残雪を背景に咲く、シャクナゲの花の情景をお菓子に映した「春の花きんとん」。

暖かくなってくるこれからの季節は、冷蔵庫で少し冷やすのがおすすめです。

ひんやりと口当たりがよく、上品な甘さを感じていただけると思います。

 

春のご挨拶や内祝いにいかがでしょうか。オンラインショップからもお求めいただけます。

 

暖かくなってきたなぁ、なんて思っていたら...雪。

春先の雪なので水分をしっかり含んだ重たい雪。お店から見える景色は真っ白です。

だから、というわけではありませんが3月14日の「ホワイトデー」が近づいてきましたね。

バレンタインのお返しに、ちょっとした贈り物に、かわいらしいコンフィズリーはいかがでしょうか。

 

色合いのやさしいコンフィズリーは「マカロン」「生キャラメル」「ギモーヴ」の3種類 (写真上から)。

コンフィズリー.jpg

◆ マカロン 3個入420円 6個入840円

 色をつけずシンプルに焼き上げ、イチゴ、ユズ、信州伊那栗のクリームをサンド。 

◆ 生キャラメル  5個入399円 10個入789円

 とろりなめらかな口どけ。

 フレーバーはミルク(プレーン)、黒糖、カシス、フランボワーズ、オレンジ&パッションの5種類。

◆ ギモーヴ  1箱(5個入)399円

 口に入れた瞬間、シュワッととけて甘さが広がります。

 フレーバーはフランボワーズ、ライム、オレンジ&パッションの3種類。

 

コンフィズリーのほかにもギフト用の詰め合わせ、ラッピングなどもご用意しています。

また、3月14日(水)にお買いものをしていただいた女性のお客さまに、

心ばかりではありますがお菓子のプレゼントを差し上げます。 ご来店お待ちしております。

 

 

 

昨日から降り続いていた雨も昼前にはようやくやんだものの、すっきりしない空が広がっています。

なんだか気温も高め...。飯田ではスギ花粉の飛散を確認、と飯田保健所が昨日発表しましたし、

少しずつ春に近づいているのねぇ~と感じる次第です。

 

先週末、春の新商品やおすすめ商品を掲載した季刊広報紙「さとのかつうしんvol.17」を発行し、

伊那から飯田にお住まいの方へ、朝刊折込でお届けしました。

 

季刊紙発行にあわせて、店内で扱う商品も冬から春へと模様替えしました。

なかでも、「春」を感じさせる色合いで好評いただいているのが 「フレジェ」 (399円) 。

フランスでは春の訪れを告げるといわれるイチゴのケーキです。

 

フレジェ.JPGほんのりキルシュをきかせたカスタードクリーム、アーモンドの粉を加えた軽いスポンジ、

そして、地元産の朝摘み完熟イチゴ「紅ほっぺ」ふんだんに使用しました。

このおいしさ、今の季節でなければ味わえません❤

 

ひと足早い春を感じに、お越しください。

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2012年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年2月です。

次のアーカイブは2012年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。