2012年6月アーカイブ

店の前を走る広域農道沿いに植えられているアジサイが咲き始めました。

あじさい.JPG今にも雨が落ちてきそうな梅雨空のもと、色とりどりに咲く花は道行く人の目を楽しませてくれます。

が、わき見運転は要注意です。

 

見ごろはまだ一週間くらい先でしょうか...。

 

 

今日も店舗入口に設置した「茅の輪」をくぐってくださるお客さまが多くいらっしゃいました。

店内では、「茅の輪」にちなんだ和洋菓子を期間限定で販売しています。

 

パリブレストを茅の輪に見立てた 「茅の輪くぐり」 (346円)

茅の輪菓子3.JPGたっぷりの生クリームにアメリカンチェリー、フランボワーズなどのフルーツをサンドしています。

 

続いて、

「茅の輪」の「輪」を連想する 「蒸しどーなつ・焼きドーナツの詰め合わせ」 (1,050円)

茅の輪菓子1.JPG蒸しどーなつは、プレーン生地×栗のコンフィチュールと、ココア生地×イチゴのコンフィチュールに加え

期間限定でプレーン生地×抹茶のコンフィチュールが仲間入り(1個168円)。

焼きドーナツは、抹茶、黒糖、バニラの3種類(1個157円)です。

 

最後にもう一つ、 「水無月」 (126円)

茅の輪菓子2.JPGもちもちとしたういろう生地に、小豆と栗の甘露煮をのせた季節の和菓子です。

小豆をのせた水無月はよく見かけますが、栗も一緒にのせたものは少ないはず。

 

茅の輪設置、商品ともに6月30日(土)「夏越しの大祓」までの限定販売です。

この機会にご来店ください。

 

6月30日の「夏越しの大祓」を前に、今日は「茅の輪」づくりに励みました。

朝から近くの田んぼの土手にはえている茅を狩り、近所の方の竹林で支柱にする竹を切り、

会社に戻って作業スタートです。

 

茅の輪が出来上がって行く様子を写真で紹介します。

茅の輪1.JPG

茅の輪2.JPG

茅の輪3.JPG

茅の輪4.JPG

やっとのことで完成した茅の輪を前に記念写真。

 

茅の輪5.JPG

さっそくお客さまに茅の輪をくぐっていただきました。

 

6月30日まで設置していますのでぜひお越しいただき、半年の厄を祓ってあと半年を元気にお過ごしください。

ちょうど梅雨の時期に満開になる栗の花。

駐車場の北側に植えてあるしだれ栗の花も満開となりました。

枝垂れ栗6月.JPG長い花穂は雄花の集まりです。

4~5ミリの長いおしべが集まり、長さ10~20センチほどの尾状花穂となって垂れ下がっています。

雄花の根元に咲く雌花が成長して栗となります。

信州里の菓工房の喫茶スペース「里の菓茶房」のメニューが夏バージョンになりました

パフェ、あんみつ、かき氷など、いずれも喫茶スタッフによるオリジナルメニューの中から

今日は一品ご紹介します。

珈琲パフェ.JPG「珈琲パフェ」 (700円)

甘さを抑えたコーヒーゼリー、コーンフレーク、カフェオレゼリー、コーヒームースが層になり、

人気の栗ソフトをのせ、仕上げに温かいエスプレッソをかけたコーヒーづくしのパフェです。

 

女性からの人気はもちろんですが、男性からオーダーいただくことも多くうれしい限りです。

 

里の菓茶房の夏メニューは9月上旬までです。 一度お試しください。

 

 

日本列島に台風4号が接近中とのこと。

ここ飯島ではまだ雨は小康状態です。が...今夜から明日にかけては要注意ですね。

 

今日のような雨の日にご来店いただいたお客さまには、会計時に「お天気くじ」を引いてもらっています。

雨の日特典.JPG「晴れ」が一等 「曇り」が二等 「雨」が三等。 それぞれに景品をご用意しています。

 

台風の時に外出するのはおすすめしませんが、雨の日だからと外出を控えることなく、

ぜひ信州里の菓工房へお越しください。

朝方まで降り続いた強い雨もあがり、ムシムシと暑くなってきました。

日中は気温30度という予報...。聞いただけで汗が出そうです......。

 

6月17日(日)きょうは父の日ですね。

お父さんへの感謝の気持ちを、信州里の菓工房のお菓子とともに伝えませんか。

 

シフォンケーキをデコレーションした 「お父さんありがとう」 (6号・1,260円)

生クリームたっぷり、フルーツはイチゴと桑の実をあしらいました。

シフォンケーキ.JPG

 

ビールに見立てた 「ビアゼリー」 (488円)

ビアゼリー.JPGレモン風味のゼリーに白桃とミカンを入れ、ビールの泡もゼリーで作ってあります。

 

いずれも本日までの限定です。

このほかにも、塩味やスパイシー風味のクッキーや、限定の詰め合わせギフトも販売しています。

 

梅雨に入りましたが、この時期に見られる初夏の風景が 「麦秋」 です。

緑が続く田んぼの間に、金色に輝く麦畑が広がります。

飯島町内で栽培されているのは、ほとんどが大麦。押し麦や麦茶用に加工されるそう。

2012麦秋.JPG写真を撮ろうと畑の近くまで行くと、

風が吹く度に金色の麦が揺れて"さわさわっ"と音をたてるのが聞こえました。

今夏の新商品、おすすめ品を掲載した季刊紙「さとのか通信vol.18」が出来上がりました。

伊那市から飯田市にお住まいの方には、昨日の新聞朝刊折込でお届けしましたが、

ご覧いただけたでしょうか。


数ある新商品の中でも、昨日の一番人気は「塩豆大福」(1個 105円)。

昼すぎには完売となりました。

塩豆大福2.jpg
地元のお客さまから「つきたてのお餅でつくった大福が食べたい」という、多くのリクエストを

いただき誕生したのが、この「塩豆大福」です。


早朝から和菓子のスタッフが飯島産のもち米「わたぼうし」で餅をつき、

ついた餅に大豆を入れ、塩気をきかせて炊いた粒あんを包み、出来たてを店頭に並べています。 


本日は大勢の方にお求めいただけるよう、昨日より多めにご用意しました。が、

数に限りがありますのでぜひお早めにお越しください。


6月12日(火)まで、大丸京都店の地階食品フロア「洋菓子ウイークリー」のコーナーに

信州里の菓工房が出店しています。

 

水きんとん、塩栗羊羹、伊那栗の半熟カステラ、コンフィチュール栗ミルクなど、地元産「信州伊那栗」を

使用した栗のお菓子を多数取り揃えております。

 

お時間がありましたら、ぜひお立ち寄りください。

6月に入り木々の緑が濃くなってきました。

洋菓子のショーケースも初夏らしい涼しげなケーキが並び始めました。

新作の3種類をご紹介しましょう。

 

写真左から

初夏の新作ケーキ.JPG「アルプス レモンのタルト」 378円

アルプスをイメージし、レモンクリームの中に生クリームを入れてさっぱりと仕上げています。

「メロンのパンナコッタ」 346円

なめらかな舌触りのパンナコッタに赤肉系メロンをのせました。

「ティラミスのジュレ」 357円

イタリア産マスカルポーネチーズのクリームに、コーヒーのジュレをあわせてティラミス風にしました。

 

なかでも販売スタッフ洋菓子担当のおススメは 「メロンのパンナコッタ」

「続けて2、3個はペロリと食べられちゃう!」と太鼓判を押すほど。

 

いずれも期間限定ですのでお早目にご来店ください。

 

このアーカイブについて

このページには、2012年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2012年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。